セミナー詳細

【岡山】下肢動脈・腎動脈エコースクール

腎動脈、下肢動脈エコーのスクリーニング検査法を学ぶコースです。腎動脈、下肢動脈の解剖・生理を理解していただいた上で、装置設定や調整方法、検査前の触診、プローブ選択、検査体位、アプローチのコツや描出方法、計測部位、血流評価などを学んでいただきます。閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症の狭窄病変の評価、スクリーニング法などについて習得していただきます。
 


  定員:  4名

  • セミナーID : 5442
  • 開催日 : 2024/06/23(日)
  • 開催時刻 : 10:00 ~ 16:00
  • 受付期限日 : 2024/06/16(日)

講師

現役で医療機関に勤務するベテラン現役超音波検査士

プログラム
◆腎動脈エコー
腎動脈狭窄症(renal artery stenosis : RAS)は特徴的な臨床症状や兆候を有さず、身体所見からもその存在を疑うことは難しいとされております。特に薬剤抵抗性の高血圧患者および冠動脈疾患など動脈硬化のリスクファクターを有する場合は積極的に腎動脈エコーを施行することが重要と考えられます。尚、2009年6月よりガイディングカテーテルを用いた腎動脈ステントが認可され、益々腎動脈エコーの重要性が増していると思われます。

1)腎動脈エコーの意義及び描出法
なぜ腎動脈エコーをするのか、それを臨床でどう活かすのか、腎動脈エコー検査の意義をレビューします。

2)腎動脈起始部描出法
腎動脈起始部の解剖や血管描出、血流速度の計測を行ないます。

3)腎実質、側腹部よりアプローチ
腎実質の径、実質血流の計測、側腹部よりアプローチを行います。
 

◆下肢動脈エコー
生活習慣病が重要視されている現在、動脈硬化性疾患が増加傾向であり同時に閉塞性動脈硬化症(peripheral arterial disease : PAD)が急増しております。下肢のしびれや冷感、間欠性跛行を有する場合は下肢の血管疾患、神経疾患、膠原病などを疑い早期発見、早期治療が望ましいとされております。下肢動脈エコーは無侵襲・繰り返し検査・簡便・安価・血行動態評価・リアルタイム性など他の診断方法より優れた面が多く、下肢血管疾患のスクリーニング検査では最も優れた診断方法と考えられる。またインターベンション後の評価(治療効果、合併症の診断)にも威力を発揮します。

4)下肢動脈エコーの意義及び描出法
治療に直結した下肢動脈エコー法、検査の意義をレビューします。

5)4点(総大腿・膝窩・後脛骨・前頸骨動脈)描出、各部位のパルスドプラ測定
4点(総大腿・膝窩・後脛骨・前頸骨動脈)描出法および波形の評価を行います。

6)腸骨動脈、膝下の動脈アプローチ
腸骨動脈の観察ポイントとコツ、膝下動脈の観察を行います。
 

※スクール当日はできるだけ多くの実技時間をとるため、テキスト解説の講義は要点のみとなる場合がございます。
※上記プログラムは、当日の進行状況によって変更になる場合もありますのでご了承ください。
※被験者モデルは健常者です。

 

専用テキスト
当日会場にて専用テキストを配布いたします。
WEBで見られる解説コンテンツ付きです。
スクールの予習・復習にお役立てください。
WEBで見られる解説コンテンツ
 

ご利用ガイド - ご予約方法
 
ご利用ガイド - お支払い方法
 

会場アクセス

第一セントラルビル 1号館 3階ホール
JR岡山駅徒歩3分
受付中
¥ 39,800
  • 6月3日以降にお申込みいただいた場合、お支払方法は銀行振込となります。