運動器エコースクール

スクール内容のご案内

運動器における診断では画像診断は欠かせない検査になっています。その画像診断の中に超音波検査も加えてみませんか。外来や病棟のベットサイドで手軽に超音波検査を行って素早く診断し、その後の検査や治療計画に役立ててください。超音波検査は手技が難しいというイメージがありますが、運動器領域ではそんなことはありません。描出したい部位へのアプローチの仕方とチョットしたコツさえ身につければ明日からの診療で使えます。本スクールでは、超音波検査によって運動器の構成体がどのように見えるのかについての基本をハンズオンによって学んでいただます。また、疾患のエコー像を提示し判断のコツを解説します。初めて超音波検査を経験する方、始めたけれどももう少し深く確実に診断したい方までわかりやすく、基礎から日常診療に役立つまでを学んでいただける内容で企画いたしました。

※ 講師は現役で医療機関に勤務するベテラン現役超音波検査士です。
※ 被験者モデルは健常者です。
※ コースによっては開催がない月もございます。ご了承ください。

1対1個別ハンズオンスクール

(金) 19:00-21:30 (土) 14:30-17:00/17:30-20:00 (日・祝) 10:00-12:30/13:30-16:00

59,950(消費税込)専用テキスト・WEBで見られる解説コンテンツ付き

開催日程を見る

プログラム

上肢編 講義と実技講習

肩関節:スクリーニングのコツと判断の仕方

肩関節における基本構造の描出とともに関節を構成する骨,軟骨,筋,靭帯などを描出していただきます。

肘関節:スクリーニングのコツと判断の仕方

肘関節における基本構造の描出とともに関節を構成する骨,軟骨,筋,靭帯などを描出していただきます。

上腕神経:スクリーニングのコツ

末梢神経の描出を通じ、神経と周囲の筋組織の解剖を学ぶとともに正しい描出法を実習します。

下肢編 講義と実技講習

膝関節:超音波で判断できること出来ないこと

膝関節における基本構造の描出を通じ、筋や腱の再現性のある画像描出の技術を実習していただきます。

下腿の筋:筋損傷へのアプローチのコツと評価の仕方

筋や腱の基本構造の描出を通じ、画像の特徴や観察のポイントについて実習を行います。

アキレス腱・足関節の靭帯

アキレス腱および足関節における基本構造の描出を通じ、腱や靭帯の画像描出のコツや観察方法を学んでいただきます。

※スクール当日はできるだけ多くの実技時間をとるため、テキスト解説の講義は要点のみとなる場合がございます。
※上記プログラムは、当日の進行状況によって変更になる場合もありますのでご了承ください。

会場

アスリード本郷ラーニングセンター
〒113-0033
東京都文京区本郷3-26-1
本郷宮田ビル2F
TEL:042-711-6872
アクセスマップはこちら