瀬戸内エコーセミナー in 姫路

トップページ > プログラム

プログラムProgram

2021年3月13日(土)Lecture Program

テーマ:日常診療に直結する心エコー図評価を磨く

12:55 開会の言葉


14:00~14:35 基本断面の描出法と計測法 山田博胤・(ライブ)有吉 亨
傍胸骨左縁アプローチ、心尖部アプローチ、心窩部アプローチによる各種基本断面の描出方法、それぞれの断面における計測法について、ライブデモでお示しします。

14:35~15:10 ドプラ法を用いた心機能評価 和田靖明・(ライブ)有吉 亨
パルス・ドプラ法、連続波ドプラ法を用いて、各種血流速波形をどうやって記録するか、その波形をどう解釈するかについて、ライブデモとレクチャーでお示しします。

15:10~15:45 GLSの測定と測定すべき心疾患 大西哲存・(ライブ)有吉 亨
GLSは左室駆出率に優る心機能評価指標といわれています。しかし、実臨床ではいまだに測定する機会が少ないようです。GLS測定をどのような疾患で行うのか、またどのように測定するかをライブデモでご提示します。

15:45~15:50 質問コーナー


10分休憩


16:00~16:35 救急外来での心エコー図検査 綱本浩志
急性心疾患の患者に対し、いかに迅速に見逃しなく心エコー図で確認するかは非常に大切です。失敗例も含めながら、ピットフォールとコツをお示しします。

16:35~17:10 経食道心エコー図検査を要する疾患とその評価 出雲昌樹
高齢化・他疾患合併により心房細動、感染性心内膜炎、弁膜症など経食道心エコー図を要する疾患は今後も多くなってくることが予想されます。循環器内科医がどのようなことに注意しながら検査をしているかをまとめて解説いたします。

17:10~17:45 心房細動と経皮的左心耳閉鎖術における心エコー図の役割 大西俊成
心房細動症例で注意すべき心エコー図評価と昨年より施行されている経皮的左心耳閉鎖術の紹介と心エコー図による適応診断について解説します。

17:45~17:50 質問コーナー


10分休憩



 

18:50 第一日目終了の言葉

2021年3月14日(日)Lecture Program

『テーマ:循環器診療で役立つ全身エコーを学ぶ』


CVT更新単位対象 マークがついているセッションをすべて受講でCVT更新単位 3単位


8:55 第二日目開始の言葉


10:00~10:35 頸動脈エコー検査による動脈硬化の評価 濱口浩敏・(ライブ)有吉 亨
CVT更新単位対象
頸動脈エコーを用いた頸動脈硬化の評価法について、各種基本断面の描出方法、それぞれの断面における計測法について、ライブデモとレクチャーでお示しします。

10:35~11:10 EFの保たれた心不全をいかに診るか 和田靖明・(ライブ)有吉 亨
HFpEFの心エコー図的特徴、拡張能評価、心内圧推定などをライブデモとレクチャーでお示しいたします。

11:10~11:45 EFの低下した心不全を循環器内科医はどう見ているか 瀬尾由広
HFrEF患者への診療で、循環器内科医が心エコー図はもちろんのこと心臓カテーテル検査、CT、MRIなど多くのModalityで評価し、あまたある薬剤を調整し、場合によってはカテーテル治療やデバイス治療を追加する。そのような流れの中で、心エコー図が果たす役割をお示しします。

11:45~12:20 腎動脈/腎静脈エコーの標準的評価法 和田靖明・(ライブ)有吉 亨
CVT更新単位対象
どのような時に腎動脈/静脈エコーを行うとよいか、腎動脈狭窄のスクリーニング、腎静脈エコーの臨床的意義について標準的評価法を中心に解説します。


10分休憩




13:40~14:15 深部静脈血栓症の診断法 濱口浩敏・(ライブ)有吉 亨
CVT更新単位対象
ランチョンセミナーの後を受け、がん診療でも問題となる深部静脈血栓症をエコー検査でどう診断するか解説します。各種基本断面の描出方法、それぞれの断面における計測法について、ライブデモとレクチャーでお示しします。

14:15~14:50 心不全ステージAにおける心エコー図検査 田中秀和
ACC/AHAの心不全ステージ分類では、高血圧や糖尿病などのリスク因子をもつが器質的心疾患がなく、心不全症候のない患者を「ステージA」と定義している。心不全予備軍となりうるこの段階の患者に対し、そのように心エコー図評価をしていくかをお示しします。


15分休憩




15:50~16:25 心膜液貯留を見たときに考えながら撮るエコー 山田博胤
心膜液貯留を呈する疾患に関し、エコー図検査でいかに評価していくか、診療にいかに役立つ情報を提示するかは、検者の見識の見せ所となります。

16:25~17:00 負荷心エコー図検査をすべき時 大西俊成
ドブタミン負荷や運動負荷はどのような疾患で必要となるのか。また結果をどう評価するのか。自験例を提示しながら検査の意義に迫ります。

17:00~17:10 質問コーナー

17:15 閉会の言葉

ページトップへ戻る

ハンズオンプログラムHands-on Program

ハンズオン(会場開催)は中止となりました。


本プログラムは 兵庫県内に在住または勤務されている方 のみ対象とさせていただきます。

最大限の感染症対策を行い、コース定員を従来の定員6名から最大3名までに減員させていただき開催いたします。
感染症対策についてはこちらをご覧ください。

■3月13日(土)
14:00~16:30 受付終了
心エコー基本断面
描出(PoCUS)
受付終了
救急で使える
心エコー
受付終了
心エコー
心腔計測
受付終了
頸動脈エコー
基本断面描出
16:40~19:10 受付終了
心エコー基本断面
描出(PoCUS)
受付終了
救急で使える
腹部エコー
受付終了
心エコー
弁膜症
受付終了
下肢血管
エコー
 
■3月14日(日)
10:00~12:30 受付終了
心エコー基本断面
描出(PoCUS)
受付終了
救急で使える
腹部エコー
受付終了
心エコー
弁膜症
受付終了
下肢血管
エコー
13:30~16:00 受付終了
心エコー基本断面
描出(PoCUS)
受付終了
救急で使える
心エコー
受付終了
心エコー
心腔計測
受付終了
頸動脈エコー
基本断面描出


コース(実技実習)のご紹介

CVT更新単位 5単位 マークがついているハンズオンプログラムを1コース受講でCVT更新単位 3単位
  2コース受講でCVT更新単位 5単位

 (複数のコースに参加されても取得可能単位は最大5単位までです。)


■心エコー基本断面描出(PoCUS)コース
初心者向けの心エコーハンズオンセミナーです。心エコー図検査における基本断面の描出について実習します。FoCUSの3アプローチと断面描出ができるようにします。

■心エコー心腔計測コース
初心者向けの心エコーハンズオンセミナーです。心腔サイズの正しい計測法について学ぶハンズオンセミナーです。主に、Mモード法およびBモード法を用いた左室、左房の計測について、計測に用いる断面の描出法と、各種計測法について実習します。

■救急で使える心エコーコース
内科、外科、麻酔科など循環器疾患を診る機会があるが、心エコーは苦手だという医師、検査技師の方、日当直時、救急室等で心エコーを撮る必要に迫られている方を対象に、救急患者を中心に心エコーで心疾患を診るアプローチのポイント、コツを会得していただきます。

■心エコー弁膜症コース
初~中級者向けの心エコーハンズオンセミナーです。弁膜症を診断するために弁をどう観察したらいいのかをテーマとしたハンズオンセミナーです。主に僧帽弁、大動脈弁の見方について、それぞれの観察に用いる断面の描出法、評価法について実習します。 

■頸動脈エコー基本断面描出コース
CVT更新単位 5単位
初心者向けの頸動脈エコーハンズオンセミナーです。頸動脈エコー検査の基本断面の描出とIMTの計測法について実習します。

■下肢血管エコーコース
CVT更新単位 5単位
※実技指導は標準的評価法2018に基づいた検査法で行います。下肢血管の解剖・生理を理解していただいた上で、装置設定や調整方法、検査前の触診、検査体位などの準備から、アプローチのコツや描出方法、計測部位などを学んでいただきます。下肢閉塞性動脈硬化症および下肢静脈血栓症のスクリーニング、静脈瘤の評価などについて習得していただきます。

■救急でつかえる腹部エコーコース
腹部外傷や急性腹症など、日当直時、救急外来等で腹部救急患者を診る必要に迫られている医師、検査技師の方を対象に、その診断のポイントを、実際の装置を使ったハンズオンで会得していただきます。FASTを含みます。


Copyright(C) せとうちエコーフォーラム All Rights Reserved.