セミナー詳細

症例から学ぶ皮膚科エコー

~基礎から臨床まで~

 皮膚科領域における超音波(エコー)検査の普及に役立てればと考え本セミナーを企画しました。エコー検査は痛みを伴わず、低侵襲性という大きなメリットがある検査で、今や重要な診断ツールの一つになっています。医師(皮膚科医、一般内科医、家庭医、救急医、在宅医療医)、臨床検査技師、看護師など広く用いられています。簡便に操作でき、しかもリアルタイムに結果を得られる検査ですが、検査者の習熟度によって結果に影響が出る検査法でもあります。
 本セミナーでは、まず皮膚の構造と皮膚科エコーの基礎を学び、その後代表的な皮膚疾患エコーのポイントを皮膚・皮下腫瘤(良性、悪性)と炎症性疾患や循環障害などに分けて症例を示しながら解説します。また、皮膚疾患でしばしば合併する関節症状について、関節エコーも示します。第一線で活躍している講師陣が、初心者には基礎から、経験のある皆様にはより興味をもっていただけるようにエコー所見を分かりやすく解説します。WEB形式のため期間内なら何回でも視聴でき、またテキストも送付いたしますので参考になると思います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

セミナープランナー 八代 浩



  早割終了日:  2023/01/02(月)

  • セミナーID : 4326
  • 視聴期間 : 2023/02/01(水) ~ 2023/02/22(水)
  • 受付期限日 : 2023/01/18(水)

講師

八代 浩 先生(福井県済生会病院 皮膚科 副部長)

清島 真理子 先生(朝日大学病院 皮膚科 教授・岐阜大学 名誉教授)

出月 健夫 先生(NTT東日本病院 皮膚科 主任医長)

正畠 千夏 先生(奈良県立医科大学 皮膚科 助教)

石崎 一穂 先生 (三井記念病院 検査部 シニアマネージャー)

 

参加費
通常価格
15,400円

早割
14,300円
2023年1月2日までにお申し込みの方

Step-Up応援割
10,000円
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方

大阪府医師会員の方
14,300円

ご利用ガイド - 参加費割引について
 

※価格は全て1名あたり、テキスト代・消費税を含みます。
※不特定または多数の人に視聴させることはできません。
※テキスト(A4サイズ/フルカラー刷)は配信開始1週間前頃より順次発送予定です。
 

ご利用ガイド - WEBセミナー受講方法


 

プログラム

1.皮膚の構造とエコー検査の意義 
皮膚科エコーを正しく理解するために、エコー検査で得られる所見と関連付けて皮膚の構造をわかりやすく説明します。また、皮膚疾患診療におけるエコー検査の位置付けについてもお話します。

2.皮膚科エコーの基礎
超音波検査装置の技術の進歩により、表在組織の診断での利用価値も高まっています。
本項では、皮膚科領域における超音波検査の有用性について解説するとともに、明日からの日常臨床に役立つ、超音波検査の基礎知識と検査方法について解説いたします。

3.代表的な皮膚疾患診断のポイント① 皮膚・皮下腫瘤(良性)・炎症性腫瘤
日常よく遭遇する良性皮下腫瘤やその鑑別疾患、さらに血流が豊富な良性腫瘍に焦点をあてて、超音波画像を供覧し、所見の解説をします。また炎症性腫瘤についても解説いたします。

4.代表的な皮膚疾患診断のポイント② 皮膚・皮下腫瘤(悪性)
今や必要不可欠となった皮膚・皮下悪性腫瘍の超音波所見を理解するために、代表的な疾患である基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫を提示して、基本的なBモード・ドプラモードでの所見を主に解説します。

5.代表的な皮膚疾患診断のポイント③ 下肢静脈瘤、皮下血腫など
皮膚科診療で下腿のうっ滞性皮膚炎、脂肪織炎、潰瘍を診察する機会はとても多いと思います。このときに超音波検査を行うと、病態が可視化され、自分の理解も深まるとともに患者への説明もしやすくなります。ポイントは下肢静脈瘤の有無です。皮膚科医にとって超音波検査は少しハードルが高いと思いますが、この領域は実はとても簡単です。視聴された皆様がすぐにできるようになるように、解説したいと思います。あわせて高齢者の皮下血腫症例も供覧いたします。

ご視聴後に質問を受付いたします。
いただいたご質問の回答は配信終了後、準備ができ次第ご案内いたします。
お時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

受付中
通常価格 ¥ 15,400
現在早割期間中!
¥ 14,300
  • 1月5日以降にお申込みいただいた場合、お支払方法は銀行振込となります。