セミナー詳細

バスキュラーアクセスエコーを極める!(経験者~中級者対象)

バスキュラーアクセス(VA)トラブルを的確に診断し、適切な時期に治療を行うことは、VAの長期開存に大きく寄与します。VAを正しく診断するには、エコーの技術向上に加えて、検査前の理学所見が必須になります。また、エコーで引き出された情報が、治療にどのように活かされるか、を理解しておくことも重要です。そして、今回は自己血管内シャント(AVF)のみならず、人工血管内シャント(AVG)、動脈表在化に対するエコーについても触れ、診断から治療まで一連の流れとして学べるプログラムを作成しました。また、透析室での管理に加え、最近注目されているエコーガイド下穿刺も取り上げました。本セミナーにおいては、基礎を習得した方を対象に、第一線で活躍されている講師陣が分かりやすく解説します。また、Web形式のレクチャーのため、何度でも視聴できます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。



  早割終了日:  2021/09/06(月)

  • セミナーID : 3376
  • 視聴期間 : 2021/10/06(水) ~ 2021/10/27(水)
  • 受付期限日 : 2021/09/22(水)

講師

春口 洋昭 先生 (飯田橋春口クリニック 院長)
バスキュラーアクセス超音波研究会(代表世話人)
日本透析医学会(評議員)
日本医工学治療学会(評議員)
アクセス研究会(幹事)
バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会(幹事)
日本人工臓器学会(評議員)
大川 博永 先生 (大川VA透析クリニック 院長)
バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会(幹事
大阪VAIVT研究会(世話人)
大阪アクセスケア研究会(世話人)
究道会~Vascular access for surgeon~(代表世話人)
人見 泰正 先生 (桃仁会病院 臨床工学部)
関西透析超音波研究会(事務局長)
Vascular Access 超音波研究会(世話人)
山本 裕也 先生 (大川VA透析クリニック 検査部)
Vascular Access 超音波研究会(世話人)
血管診療技師(CVT)
小林 大樹 先生 (関西ろうさい病院 中央検査部)
バスキュラーアクセス超音波研究会(世話人)
超音波検査士

参加費
通常価格:¥15,400

早割:¥14,300
2021年9月6日までにお申し込みの方

セット割:¥13,200
2021年6月30日~配信
バスキュラーアクセスエコーをはじめよう!(未経験~初級者対象)
にご参加された方

Step-Up応援割:¥10,000
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方

大阪府医師会員の方:¥14,300

-------------------------------
富士フイルムメディカルエコー情報発信サイト「やまびこ塾」
https://sp-jp.fujifilm.com/yamabiko/
会員様向け割引は終了しました。
(受付期限:2021年9月6日まで)
-------------------------------

※動画は合計5時間程度を予定しています。
※価格は全て1名あたり、テキスト代・消費税を含みます。
※不特定または多数の人に視聴させることはできません。
※テキスト(A4サイズ/フルカラー刷)は9月下旬に発送予定です。
 
ご利用ガイド - WEBセミナー受講方法



参考書籍


護師・臨床工学技士のための
透析シャントエコー入門

春口 洋昭 先生 (著, 編集)

エコーでできる評価と管理
バスキュラーアクセス超音波50症例

小林大樹 先生 (著)

エコーを使った
バスキュラーアクセス穿刺法ガイド

木船 和弥 先生 (著, 編集)

 

プログラム
バスキュラーアクセス診察の極意
~エコーをする前に確認しておくこと~
エコーを撮る際に漫然とエコーを撮るのではなく、検査者がエコー前に理学的所見を取ることでエコーの精度やスピードUPが可能になり非常に大切です。本セッションではエコーを撮るのに役立つ理学的所見の取り方につき分かり易く解説します。

バスキュラーアクセスエコーの極意&ライブ(AVF編)
~医師が求める情報に的確に応えるために~
AVFのエコー検査を動画にて提示します。各症例に対する検査の進め方、どのような情報が必要かなどを分かりやすく解説します。

バスキュラーアクセスエコーの極意&ライブ(AVG、動脈表在化編)
~医師が求める情報に的確に応えるために~
AVG、動脈表在化は、比較的まれなVAですが、合併症をエコーで観察する機会も少なくありません。ここでは走査法や観察ポイントについて、動画をまじえて解説します。

シャント治療に活かすエコー所見の極意
〜医師は検者に何を求めているか〜
手術にあたっては、手術の種類やその時に吻合する血管の知識が検者に望まれます。また、透析の知識も必要となります。今回は、典型的なシャントトラブルを提示し、それに対して術者がどのように考え、治療方針を立てているかを解説します。

透析室におけるシャント管理の極意
〜シャントを維持するために何が必要か〜
透析室でのVA管理法についてお話しすると共に、エコーガイド下穿刺でミスしやすいパターンの症例について幾つかお示しします。また、VA日常管理加算やタスクシフトについても触れたいと思います。

症例検討:応用編
各講師が症例を提示し、ディスカッションを行います。



アスリードの書籍・オンデマンド動画

受付終了
  • 当セミナーは受付を終了いたしました。