心エコー・腹部エコー・頸動脈エコー・乳腺エコー・超音波検査セミナーのアスリード [超音波検査士を目指す方のための 超音波工学基礎セミナー]

アスリードサイト
US-Lead セミナー&スクールのお申し込みはスマートフォンからも可能です。
臨床検査技師JOB 臨床工学技士JOB シティフェイス メディレイ アロマスクール花ごころ  
セミナー企画開催サポート
セミナー・講習会・研究会などの企画開催をお手伝い致します。
 
トップページ >  セミナー情報一覧 > 超音波検査士を目指す方のための 超音波工学基礎セミナー

セミナー情報

超音波検査士を目指す方のための 超音波工学基礎セミナー

〜基礎から学ぶ超音波工学講座〜
〜超音波工学領域直前振り返り講座〜

 本年は2019年11月24日(日)に超音波検査士認定試験が行われます。受験を予定されている皆様方に於かれましては、「そろそろ基礎領域の勉強の準備に取り掛かろうか?」とお考えの事と思います。
 “基礎領域“の独学はなかなか難しく、計算式やドプラ法の原理が苦手と言う声も多い様です。このような方々のために、下記の2つの講座にわけてご用意しています。超音波工学の知識を身につけていただくとともに、試験直前には模擬テストにより、身に付けた知識の再確認をしていただけるよう企画しております。

【特典情報】Q&Aサイトで疑問を解消! 

本セミナー受講者のための専用サイトでは、過去問題集の解説では理解が難しいなど、毎回質問が多く寄せられる問題についての詳細な解説など約300件も全て閲覧いただけます。 多くの方が疑問に思う問題の解説はここで解決できると思います。

 

開催概要

日時

基礎から学ぶ超音波工学講座 
2019年7月15日(月・祝)10:00〜16:30
 終了

超音波工学領域直前振り返り講座 
2019年11月3日()10:00〜16:30

講師

甲子 乃人 先生
平成4-5,8-11年度日本超音波医学会評議員
平成7-17年北海道大学短期大学部放射線技術学科非常勤講師
(医用機器学 超音波技術学)
主な著書:「超音波の基礎と装置(四訂版)」ベクトル・コア

会場

損保会館 大会議室(東京都千代田区神田淡路町2-9)
●東京メトロ丸の内線 淡路町 A5出口 徒歩 3分
●東京メトロ千代田線 新御茶ノ水 B2出口 徒歩 3分
●山手線 秋葉原 電気街口 徒歩 5分
●中央線 御茶ノ水 聖橋口 徒歩 5分
⇒ アクセスMap(損保会館 WEBサイト)

der="0" style="border:0" allowfullscreen>

参加費

基本料金
・1講座 ¥18,900
・2講座セット ¥33,500
『基礎から学ぶ超音波工学講座 ¥16,750』+『超音波工学領域直前振り返り講座 ¥16,750』

過去参加者割引
2017年1月以降開催のアスリード主催の座学形式セミナーまたはハンズオン実技スクールにご参加された方。
・1講座 ¥16,200
・2講座セット ¥30,000
『基礎から学ぶ超音波工学講座 ¥15,000』+『超音波工学領域直前振り返り講座 ¥15,000』

Step-Up応援割
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方
・各1講座 ¥10,000
詳細はこちら


※上記は全てテキスト代・消費税含む、1名あたりの料金です。
※各種割引の適用は払込票または銀行振込にてお支払い頂いた場合に限ります。
 お支払い方法につきましてはご利用ガイドをご覧ください。

本セミナーいずれかへお申込み頂いた方は、
超音波検査士を目指す方のための 臨床セミナー
¥18,900 のところ、¥10,800 にてご優待いたします。

循環器領域講座

【東京会場】7月28日(日)
【大阪会場】8月4日(日)

消化器領域講座

【東京会場】7月13日(土)
【大阪会場】6月30日(日)

健診領域講座

【東京会場】7月14日(日)
【大阪会場】6月29日(土)


【基礎から学ぶ超音波工学講座】
 2019年7月15日(月祝
 〜物性、原理など超音波の工学的な知識を改めて理解・整理したい方に〜

 音の性質などといった物理特性から、超音波装置における音の送受信の原理や受信エコーを映像化するしくみ、音響安全や電気安全に関する事項など、超音波検査士に必須の知識を「超音波の基礎と装置(四訂版)」をベースに最近の出題傾向もふまえて、豊富な図やアニメーションを用いて解かりやすく解説いたします。
 特に参考書を読んだだけでは理解が難しいドプラ式の意味、ドプラ変移した周波数と流速との関係や角度補正の考え方、パワーの考え方についても解説いたします。また、簡単な設問を交えるなど、具体的な応用例を解きながらの理解しやすい講座と致しました。
 工学の基礎に必要な単位や関数などの復習をまとめた小冊子も事前配布いたします。

<プログラム>
音響工学の基礎
反射や屈折といった”音”の性質の基礎と、関係する式の復習
装置の原理と調整
プローブから音が出てから画像が表示されるまでのしくみ
ドプラ法の基礎
超音波ドプラ法の原理と角度補正の意味や表示される波形の意味、他
安全管理
電気的安全性、音響的安全性と機器管理のポイント
質問コーナー
解説した内容に関するご質問をお受けし、疑問点を解消します。


<予習テキスト>
数式や単位の復習とドプラ式の解説
工学の基礎理解に必要な、数値の表現や関数などの基本について復習ができるように整理してあります。また、より深く学習したい方から要望の多い、ドプラの式の解説を加えました。
※予習テキストはご登録いただいたご住所宛へ開催日2週間前までにお送り致します。

※お申し込み後のキャンセルにつきまして
キャンセルの際、既に「予習テキスト」をお受け取りいただいている場合は、取消し手数料 1,080円+テキスト代金 2,160円 を差引いてのご返金となります。何卒ご了承ください。なお、キャンセルお手続きにつきましてはご利用ガイドをご覧下さい。


【超音波工学領域直前振り返り講座】
 2019年11月3日(
 〜応用問題に取組むことで実力を確認して仕上げの準備をしたい方に〜

 過去の講座でミスが多い傾向の問題を中心に、最近の出題傾向を反映させた模擬試験を経験していただき、弱点部分の確認とその克服につなげていきます。
 模擬試験は実際と同じ問題数・時間で行い、その場で集計して、不正解の方が多く強化が望まれる問題の把握と要点の解説を行います。

<プログラム>
模擬テスト<自己採点方式>
超音波工学領域の各項目について模擬試験によって理解度を確認します。
テスト解説
不正解の多かった問題を中心に、ポイントを絞って解説を行います。
臨床解説
臨床面でのポイントを解説します。
個別質問コーナー
個別に質問をお受けするコーナーを設けます。

■ 超音波の基礎と装置(四訂版)

株式会社ベクトル・コア「コンパクト超音波シリーズ」として平成6年に初版、その後超音波診断の応用の拡大に対応した改訂や、親しみやすい図版や文体とするなどの大幅な改訂を経て、平成25年により理解しやすい四訂版となった。 四訂版は、「コンパクト超音波αシリーズ」となり、読者から寄せられた質問に関する項目についての加筆や、計算式の変形や値の代入といった計算の過程を,順を追って理解できるように注記を付記するなど、理解に役立つような工夫も加えている。巻末に単位などのさまざまな基本的事項をまとめ,より基礎的な解説を盛り込んだほか,少々難解なドプラの基本式についての解説を加えるなど,より深く学習したい方のための項目も充実させ,読者層の広がりを考慮した内容となっている。

超音波の基礎と装置 四訂版(コンパクト超音波αシリーズ)
甲子 乃人 (著) 単行本:256ページ 4,860円

■ 昨年までの受講者からのメッセージ

・ 実際の試験に即した内容で、とても役立ちました。
・ 講義の後に試し問題があったので自分でも問題集を解く気になれた。
・ 直前講習に参加しましたが、理解できなかったポイントを図解で説明して頂いて納得できた。
・ 模擬テストをやったおかげで、試験当日の時間配分に余裕が持てました。
・ 個別質問コーナーでは,なかなか人に聞けなかった部分を個別に聞けたので良く理解できた。
・ Webサイト掲示板で質問に回答してもらえたので、直前まで復習できて助かった。


→ セミナー一覧ページへ戻る