第17回神楽坂スポーツ医学セミナー

第17回神楽坂スポーツ医学セミナーへようこそ


本セミナーは、スポーツ医科学に興味を持ち、診療や研究、現場指導の最前線で活躍されている医師及び理学療法士、トレーナー、指導者の皆様を対象とし、スポーツ医学領域における日常的な問題や疑問を忌憚のない討論によって解決の緒を探ることを目的としております。名称は「神楽坂スポーツ医学セミナー」ですが、地域にとらわれず、全国より毎年300余名にものぼる先生方にご参加いただいております。 今年はシンポジウムとして「野球とベースボール―日米の比較―」を開催し、MLB側から前チームドクター委員会委員長のDr. Akizuki、 NPB側からNPB医事委員長 富田 一誠先生をお招きし、野球選手の障害状況の日米比較を行いたいと考えております。これ以外にも「野球医学の基礎と実践」をテーマに、肩や肘の障害に対する診断・治療から、現場が行っている復帰までのトレーニングや予防方法の実践までを、医師・理学療法士・トレーナーはもちろん、現場で実際指導している監督・コーチなど野球関係者を交えて議論をしていきたいと思います。

第17回当番世話人
昭和大学 整形外科 教授 稲垣 克記
東京明日佳病院   院長 渡邊 幹彦

テーマ

投球障害からの完全復帰

日 時

2019年12月14日(土)12:50~18:30
(受付12:20~)
2019年12月15日(日) 9:30~17:25
(受付 9:00~)

会 場

昭和大学 上條記念館
〒142-0064 東京都品川区旗の台1-1-20 TEL.03-3784-8030
 ⇒ 会場アクセスMAP

参加費(税込み)

12月14日:8,000円(学生 4,000円)
12月15日:10,000円(学生 5,000円)
両日参加:18,000円(学生 9,000円)
(テキスト代込み)
※医療関係の国家資格をお持ちの方、就業されていて学校に通われている方は「一般」とさせていただきます。
※学生の方は当日学生証をご提示いただきます。


合同懇親会(12月14日講演終了後 19:30~):5,000円
 講師や野球関係者、そして参加者の間で垣根を取り払った交流を行います。
 本音のトークや生の声をきくことができます。
 会場:TANTO TANTO THE GARDENS 五反田
    東京都品川区東五反田2-2-6 TEL.03-5447-8118
    ⇒ 懇親会 会場アクセスMAP

上記の合計金額を銀行振込にてお支払い下さい。

日本整形外科教育研修単位:3単位(1,000円/1単位別途)
※単位認定料は当日別途申し受けます。


参加申し込み

受付期限: 12月6日(金)24:00 まで
※本セミナーは事前申込み制になっております。当日参加の受付は出来かねますのでご了承ください。
※定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。



 ⇒ こちらのページよりお申込みください。

世話人

稲垣 克記(昭和大学)
渡邊 幹彦(東京明日佳病院)
柏口 新二(国立病院機構徳島病院)
島田 幸造(JCHO大阪病院)
菅谷 啓之(船橋整形外科)
能勢 康史(NPO法人野球共育塾)
正富 隆(行岡病院)
松浦 哲也(徳島大学)
森原 徹(丸太町リハビリテーションクリニック)
山崎 哲也(横浜南共済病院)

ゲスト講師 ※ 50音順 敬称略

Dr. Ken Akizuki(サンフランシスコジャイアンツ チーフチームドクター)
石川 智雄(新潟県青少年野球団体協議会)
栗田 聡(東京明日佳病院)
小林 只(弘前大学医学部附属病院)
佐々木 洋(花巻東高校 野球部監督)
田名部 和裕(日本高等学校野球連盟 理事)
富田 一誠(昭和大学江東豊洲病院)
柳田 育久(貴島会クリニック)