ポケット超音波診断装置

Vscanご紹介キャンペーン

 HOME Vscanの特徴  Vscanの活用法 |   機能紹介  ご注文ページ お問い合わせ 

 

機能

ポケットに入れられる超音波診断装置

小型で軽く、立ち上げなどの操作でもすばやく使えるように開発されています。流線型の外観で、片手で扱える程度の重さ約436g(Vscan Dual Probe)。プローブにも軽量化を施し、薄型フレキシブルケーブルにて本体に接続されています。本体をスタートさせるには、ディスプレイを広げるだけという簡単操作で、20秒後には準備OK。フルに充電させた状態で、連続1時間使い続けることができ、約15~20人の検査が可能です。



あらゆる体内情報を、即時にビジュアル化

Vscanは断層画像及び血流情報をリアルタイムに提供する手のひらサイズの画期的な超音波診断装置です。小型ながら、血流をカラー表示できるかラードプライメージング機能を搭載、3.5インチの液晶画面で血流をリアルタイムで観察できることに加えて、腹部・心臓・産婦人科・血管・軟部組織の5領域の最適な撮影条件を初期設定しており、撮影時の調整時間を大幅に短縮するほか、初期診断時における体内情報の即時抽出をサポートします。



体の中を視診する

脾臓、腎臓、肝臓、といった腹部臓器はもちろん、大動脈や、心臓、軟部組織、そして産婦人科領域における胎児画像の抽出などすばやくその場で患者さんの体内を可視化できることで、より迅速かつ正確な診断に寄与することを目指しています。腹水・胸水、尿量などの有無を確認したい時など、Vscanがあれば、見たいときにその場ですぐにお使いいただけます。

HOMEVscanの特徴 Vscanの活用法 機能紹介 ご注文ページお問い合わせ
Copyright (C)アスリード株式会社. All Rights Reserved.