弾性ストッキング・コンダクター大阪地区講習会へようこそ

  弾性ストッキングは静脈疾患・リンパ管疾患の治療・予防に必須で、日常診療に広く応用されていますが、正しく使わないと、その目的を達せず、合併症もおこ りえます。また、患者さんから「硬くてはきにくい」「すぐにずり落ちてくる」などの苦情も少なくなく、はけないままになってしまう患者さんも多数お られます。また平成17年4月には弾性ストッキングが医療器具として認定されより正しい知識が必要とされています。さらに、平成20年4月からはリンパ浮腫に対する弾性ストッキング使用が保険適応になりました。当講習会の役割はさらに高まりつつあります。  
  講習会の柱は、「静脈疾患・リンパ管疾患についての理解」と「弾性ストッキングの使用法」の二つです。前半は静脈疾患・リンパ管疾患、静脈血栓症の予防に ついての講義、後半は弾性ストッキングについての講義と弾性ストッキン グの取り扱いための実技指導です。資格認定は看護師、医師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床工学技士(平成22年 7月より)、リンパ療法士(LT)、あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師(平成26年4月より)の資格を持つ方を対象としています。
  受講後、一定の臨床指導経験を積んだ後、資格を申請することができます。申請可能期間は受講後2年以内です。また、資格認定期間は5年です。ぜひ資格を取得していただき臨床に役立ててください。

■開催概要
【開催日】 2016年3月19日土曜日 12:30〜17:00
【会  場】 薬業年金会館 会議室301号
      (〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目5番4号 TEL:06-6768−4451)
      http://www.daiyaku-kikin.or.jp/kaikan/
【定  員】 170名
【対象者】 医師・看護師・准看護師・臨床検査技師・理学療法士・診療放射線技師・作業療法士・
臨床工学技士

※あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師で、弾性ストッキング・コンダクター講習会に参加あるいは講師参加により、リンパ浮腫療法士認定機構 更新3単位を認定いたします。
本講習会の終了後発行されます受講証明書をもって、リンパ浮腫療法士の更新3単位(リンパ浮腫療法士認定機構)として申請することができます。
当講習会の対象資格とリンパ療法士の対象資格をよく確認の上受講申請をお願い致します。
なお、あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の双方とも対象資格となっています。

【会場前受付開始】 12:00〜

【参加費】 ¥6,000.-(テキスト代含む)

【講習会会長】 保田 知生 (近畿大学 医学部 外科)
【協力養成委員】 松原 忍 (横浜市立大学 形成外科)

(お問い合わせ先)
近畿大学 医学部 外科 保田 知生
〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2
TEL:072-366-0221 FAX:072-367-7771
E-mail:sscc-osaka2016@surg.med.kindai.ac.jp
※お問合せはメールでお願い致します。

※本講習会は事前受付制になっております。当日の参加受付はできませんのでご了承ください。
※定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます。

※定員に達しましたため、キャンセル待ち受付とさせて頂きます。

午前中9時30分〜11時00分はリンパ浮腫に関連する市民公開講座が同一会場で開催されています。
ご了承とご配慮の程よろしくお願い申し上げます。

 

プログラム

プログラムのご案内ぺージです。

参加申し込みフォーム

参加ご希望の方は、こちらのお申し込みフォームよりお手続きください。

関連リンク

関連リンクのご案内ページです。

弾性ストッキングコンダクター養成委員会

日本静脈学会弾性ストッキングコンダクター養成委員会のご案内ページです。



本ホームページの管理運営はアスリード株式会社が行っております。

ページトップへ
Copyright (C) Elastic Stocking Conductor Seminar All Rights Reserved.