瀬戸内エコーセミナー in 高松

トップページ > プログラム

プログラムProgram

レクチャープログラム【2017年9月9日(土)14:00~19:00】Lecture Program

『初歩からの心・血管エコー図検査』
~ライブデモで理解する検査の手順とレポートの書き方~

■内容案内
心エコー図検査,血管エコー図検査は,検者によって得られる画像が異なり,診断能も大きく異なることが,他の画像検査との違いです.そのため,検査の技術や知識を習得するのに時間がかかるというデメリットがあるものの,エコー検査のみで確定診断して治療方針が決定できることも多く,技能を身につければ日常診療で大きな力となります.難しいからこそ,やりがいのある検査でもあります.エコー検査の技術を上達させるには,教科書や教材から知識を学び,検査室やベッドサイドで経験を積むことが必要です.しかし,身近に指導者がいないという声もよく聴きます.本セミナーは,そんな方が検査の手順と得られた情報をどう解釈するか,ライブデモンストレーションを見ていただきながら,理解できることを目的に企画しました.また,得られた結果をどう伝えるか,レポートの書き方を学んでいただけるレクチャーもあります.臨床に直結するエコー検査が,皆さんの力となるようにサポートしたいと思っています.

■講師
山田 博胤 先生(徳島大学病院 臨床教授・循環器内科・超音波センター)
和田 靖明 先生(山口大学病院 講師・循環器内科・超音波センター)
三木  俊 先生(東北大学病院 生理検査センター 生理検査部門長)



■心エコー図検査
1.14:00-15:00 基本断面の描出法と計測法
傍胸骨左縁アプローチ,心尖部アプローチ,心窩部アプローチによる各種基本断面の描出方法,それぞれの断面における計測法について,ライブデモでお示しします.

2.15:00-16:00 ドプラ法を用いた心機能評価
パルス・ドプラ法,連続波ドプラ法を用いて,各種血流速波形をどうやって記録するか,その波形をどう解釈するかについて,ライブデモとレクチャーでお示しします.

3.16:10-17:40 症状・病態別心エコー図検査活用法
胸痛,息切れの鑑別診断に心エコー図をどう活用するか,拡大心,肥大心を見たらどのような疾患が考えられるか,レクチャーでお示しします.

■血管エコー図検査
1.17:50-18:20 深部静脈血栓症の診断法
静脈血栓症の一つである深部静脈血栓症を下肢エコー検査でどう診断するか,ライブデモとレクチャーでお示しします.

2.18:20-18:50 頸動脈エコー検査による動脈硬化の評価
頸動脈エコーを用いた頸動脈硬化の評価法について,ライブデモとレクチャーでお示しします.

■Q&A
受講者からの質問にお答えします.

レクチャープログラム【2017年9月10日(日)10:00~16:00】Lecture Program

CVT更新用講習会認定単位 4単位 申請中

スキルアップエコーセミナー
『心不全と静脈血栓症のパンデミックに備えるための心・血管エコー検査』

■内容案内
超高齢化社会を迎え,弁膜症,心筋梗塞,高血圧性心疾患などにより心機能が低下し,最悪の場合死に至る――そんな心不全が日本に蔓延する「心不全パンデミック」が恐れられています.また,エコノミークラス症候群として知られる静脈血栓症も,震災後にニュースとなるだけでなく,増え続ける癌サバイバーや高齢者を中心に,増加の一途をたどっています.いずれの病態も,早期発見が重要であり,それにはエコー検査が大きな役割を果たします.心不全と静脈血栓症から命を守るため,エコー検査をいかに活用して早期発見や治療に活かすかをテーマに本セミナーを企画しました.セミナー講師としては,日本の心エコー図界を牽引する医師,技師に加え,ベストセラー本「恋する心エコー」の著者である一宮きずなクリニック院長の福田大和先生をお招きして,実地医家目線でのレクチャーをお願いしました.

■講師
山田 博胤 先生(徳島大学病院 臨床教授・循環器内科・超音波センター)
和田 靖明 先生(山口大学病院 講師・循環器内科・超音波センター)
福田 大和 先生(一宮きずなクリニック 院長)
三木  俊 先生(東北大学病院 生理検査センター 生理検査部門長)


■心不全パンデミックに備える
1.10:00-10:30 心不全のエコー診断5ステップ
①下大静脈,②左室収縮能,左室肥大,③肺高血圧,④弁膜症,⑤左室拡張能,この5つのステップを用いて,外来やベッドサイドで心不全を診断する方法を示します.

2.10:30-10:50 ポケットエコーで心不全を診る 
クリニックや往診で使えるポケットエコーを,心不全の診療にどう使うか,実例を挙げて説明します.

3.11:00-11:30 弁膜症による心不全 
心不全を来す弁膜症として遭遇する確率の高い,僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁狭窄症について,エコー診断と,エコーを用いた治療戦略の立て方について説明します.

4.11:30-12:00 血管疾患と心不全
左室駆出率が保持された心不全(HFpEF)という言葉とよく耳にするようになりました.その最も頻度が多い原疾患は高血圧です.高血圧などで動脈硬化が進行すると,心臓によくないことが知られています.腎動脈狭窄が心不全の原因になることもあります.血管疾患と心不全の関係について講演をします.

5.12:00-12:30 左室拡張能の評価
心不全の診断のキモとなる<左房圧が上昇しているかどうか>を心エコードプラ法でどのように判断するか,心不全の病態とドプラ波形の解釈の仕方を解説します.



■静脈血栓症パンデミックに備える
1.13:30-14:00 下肢深部静脈血栓症の診断
  深部静脈血栓症のエコー診断について解説します.

2.14:00-14:30 肺血栓塞栓症の診断
肺血栓塞栓症の診断について,エコー検査で分かること,エコー検査で治療方針がどのように変わるかを中心に解説します.

3.14:40-15:00 クリニックにおける静脈血栓症の経験
実地医家の立場から,どのような場合は自分で治療を行い,どのような場合は高次医療施設に送るかをエコー検査で振り分ける方法について説明します.

4.15:10-15:30 肺血栓塞栓症以外の肺高血圧
下腿浮腫+高齢+肺高血圧で必ずしも肺血栓塞栓症とはなりません.肺高血圧を来す疾患は多岐に及びます.そのような疾患が心エコー図検査でどのように診断できるかを解説します.

5.15:30-15:50 運動負荷エコー検査を用いた肺高血圧の早期診断
肺高血圧症の早期診断には運動負荷エコー検査が有用です.徳島大学病院で膠原病患者に対して施行している6分間歩行負荷心エコー図検査について紹介します.

■Q&A
受講者からの質問にお答えします.

ページトップへ戻る

ハンズオンプログラムHandson Program

両日とも、レクチャープログラムと並行して、実際に日々エコー検査に携わっている上級技師を招聘し、参加者のレベル別のハンズオン(実技指導)レクチャーを開催します。 6人1グループ(特別コースは3人)の少人数制で装置の設定、基本断面の描出など、エコー検査の基礎を実技実習します。

9月9日(土)14:00~19:00
受付中
心エコー初級
受付中
心エコードプラ
受付中
救急腹部
受付中
下肢静脈
受付中
心エコー特別
 
9月10日(日)10:00~16:00(12:30~13:30休憩)
受付中
心エコー初級
受付中
心エコードプラ
受付中
救急心エコー
受付中
頸動脈
受付中
心エコー特別


心エコーコース(実技実習)のご紹介


心エコー初級コース

これから心エコー検査を始める方、心エコーを始めたばかりの方を対象としたコースです。心エコー検査を行うにあ たって、最も重要になる断層法をしっかりと身につけていただくことが目的となります。ここでは、アプローチ法の基礎ときれいな断層像を描出するためのコツ をしっかりと学んでいただいた後、Mモードによる心機能評価、ドプラ法による血流評価について実習します。1グループ最大6名までになります。

心エコードプラコース

心エコー検査を経験されている方、独学で始めて検査に不安を感じている方を対象としたコースです。断層法、Mモー ド法の取り方を復習し、ドプラ法の基礎と各モードでの各種計測法について学びます。パルスおよび連続波ドプラ法を用いた血流速波形の記録法と計測法、心不全の診断に必要となる左室拡張能の評価方法(組織ドプラ法を含む)について実習します。1グループ最大6名までになります。

救急心エコーコース

内科、外科、麻酔科など循環器疾患を診る機会があるが、心エコーは苦手だという医師、検査技師の方、日当直時、救急室等で心エコーを撮る必要に迫られている方を対象に、救急患者を中心に心エコーで心疾患を診るアプローチのポイント、コツを会得していただきます。1グループ最大6名までになります。

心エコー特別コース(3名限定)

「実技実習をもっと集中的に受講したい!」という方に、1グループ 3名限定の特別コースをご用意しました。装置の設定方法、操作方法などの基本的事項から、プローブの当て方、画像の描出、読影法までをじっくりと徹底的に 学んでいただきます。実際の病院で行われているルーチン検査に沿った正しい進め方を、病院勤務の循環器領域超音波検査士がきっちりお教えします。


腹部エコーコース(実技実習)のご紹介


救急腹部コース

腹部外傷や急性腹症など、日当直時、救急外来等で腹部救急患者を診る必要に迫られている医師、検査技師の方を対象に、その診断のポイントを、実際の装置を使ったハンズオンで会得していただきます。FASTを含みます。1グループ最大6名までになります。


血管エコーコース(実技実習)のご紹介

CVT更新用講習会認定単位 5単位 申請中

頸動脈エコーコース

※実技指導は日本超音波医学会ガイドライン案に基づいた検査法で行います。
これから頸動脈エコーを始める方、始めたばかりの方を対象とする主に描出法を学ぶ初級コースです。はじめに頸動脈エコーで必要な解剖の理解および描出範 囲、断層像による描出の方法やテクニック、装置の設定を学んでいただいた上で、IMTの評価と計測、血管径計測、プラークの評価について実習を行います。 1グループ最大6名までになります。

CVT更新用講習会認定単位 5単位 申請中

下肢静脈エコー

下肢静脈の解剖・生理を理解していただいた上で、装置設定や調整方法、検査前の触診、検査体位などの準備から、ア プローチのコツや描出方法、計測部位などを学んでいただきます。下肢静脈血栓症のスクリーニング,などについて習得していただきます。1グループ最大6名 までになります。


※複数コースを受講しても取得できるCVT更新用講習会認定単位は最大5単位です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) せとうちエコーフォーラム All Rights Reserved.