心エコー・腹部エコー・頸動脈エコー・乳腺エコー・超音波検査セミナーのアスリード - 透析スタッフのためのバスキュラーアクセスエコー

アスリードサイト
US-Lead セミナー&スクールのお申し込みはスマートフォンからも可能です。
臨床検査技師JOB 臨床工学技士JOB シティフェイス メディレイ アロマスクール花ごころ  
セミナー企画開催サポート
セミナー・講習会・研究会などの企画開催をお手伝い致します。
 
トップページ >  セミナー情報一覧 >  透析スタッフのためのバスキュラーアクセスエコー 〜応用編〜

セミナー情報

ステップアップエコーセミナー

透析スタッフのためのバスキュラーアクセスエコー

〜応用編〜

日時

2018年12月2日()9:50〜16:30

講師

春口 洋昭 先生【飯田橋春口クリニック 院長】
Vascular Access 超音波研究会 代表世話人
アクセス研究会 幹事
バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 幹事

木船 和弥 先生【東葛クリニック病院 臨床工学部】
血管診療技師・透析技術認定士

小林 大樹 先生【関西ろうさい病院 中央検査部】
Vascular Access 超音波研究会 世話人
日本超音波医学会認定超音波検査士

会場

全国家電会館 5階講堂 (東京都文京区湯島3丁目6番1号)
●東京メトロ千代田線 湯島駅 5番出口 徒歩約5分
●東京メトロ銀座線 末広町駅 徒歩約5分
●JR山手線/京浜東北線 御徒町駅 徒歩約10分
●JR総武線/中央線 御茶ノ水駅 徒歩約10分
●東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩約10分
⇒ アクセスMap(全国家電会館 WEBサイト)

参加費

¥21,600 (テキスト代・消費税含む)
※1名あたりの料金です。

【WEBお申込み割】 ¥19,500
本サイトよりお申込みの場合

【WEB早割】 ¥18,500
2018年11月2日までに本サイトよりお申込みの場合
※WEBサイト以外からのお申し込みは適用になりません。

【Step-Up応援割】 ¥10,000
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方
詳細はこちら

2018年12月1日(土)ハンズオンスクール開催
ハンズオンとレクチャーの両者に参加いただくことで、知識と技術をトータルにレベルアップを図っていただくことが可能です。
バスキュラーアクセス超音波検査スクール
ハンズオン
¥43,000
本セミナー
¥10,000
2講座合計
¥53,000


大阪府
医師会
会員の方

大阪府医師会員の方は ¥18,500  のご優待価格となります。

お申込み時、備考欄に 「大阪府医師会員」 とお書きください。
※ご記入がない場合、割引にならない場合がございますのでご注意ください。

お問合せ先

アスリード株式会社
E-MAIL:info@us-lead.com TEL:042-711-6872 FAX:042-723-9757

セミナー内容のご案内

バスキュラーアクセスに対する超音波検査は、術前の血管評価や術後の管理にとどまらず、最近では透析室でも使用される機会が増えています。バスキュラーアクセスのトラブルに対しては、臨床症状の出現をきっかけに検査を施行することが多です。また、透析中においても穿刺トラブルが発生します。脱血不良や穿刺困難など ”何が原因で、その症状が出現しているのか” を解明することが、正しい対処につながります。本セミナーでは、バスキュラーアクセスエコーの基礎を習得された方を対象とし、各疾患に対する検査の進め方やエコーガイド下穿刺、正しく評価するための検査手技を中心に、第一線で活躍されている講師陣が分かりやすくレクチャーします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

「症状に応じた検査の進め方とエコーの実際」
バスキュラーアクセスのエコー検査は、さまざまな症状の解明を目的として行うことがあると思います。ここでは、症状に応じて効率的にエコー検査を進める方法と、そのポイントを解説いたします。

「透析中における様々な症状や状態に応じたエコー検査又は観察の実際」
透析中における、脱血不良や静脈圧上昇による指示血流量の変更や再循環が疑われるバスキュラーアクセスの状態と穿刺との関係は、透析量低下に直結する課題です。また、穿刺による血管の痛みを訴える場合も含めて、透析中における様々な症状や状態に応じたエコー検査又は観察のポイントについてお話ししたいと思います。

<ランチョンレクチャー> 共催:コヴィディエンジャパン株式会社
透析室でエコー検査する際の注意点や、穿刺時に注意すべき上肢神経走行の観察と、マッピング方法を実際のビデオ映像をもとに解説します。また、汎用超音波画像診断装置(GE LOGIQ e V2)を使用して、血管模擬ファントムによるエコーガイド下穿刺(一人法:短・長軸ミックス)のライブデモンストレーションを行います。


「正確に評価するための検査法&エコーライブ」
より正確な検査データを提供するためには、ルールに従った検査手技を習得しなければなりません。本セッションでは、計測において注意すべき点を解説したあとに、実際にシャントを有する患者様にご協力いただき、基本的な検査の進め方を中心にレクチャーします。

「症例呈示」
各講師が症例を呈示します。医師、臨床工学技士、臨床検査技師がそれぞれの立場から考えるエコーの使い方や検査の進め方について分かりやすく解説します。

医師・臨床検査技師・臨床工学技士への質問
事前・本日の質問。受講者からの質問!普段の診療で悩まれていることや本日のセミナーにて疑問に思ったことなどを専門の先生方に質問していただきます。日常業務でのあなたの疑問や悩み、お気軽にお話ください! 例えば「こんな症例はどうしたらいいの?」、「患者さんへの説明法」等々、何でもお答えします。

 


→ セミナー一覧ページへ戻る