心エコー・腹部エコー・頸動脈エコー・乳腺エコー・超音波検査セミナーのアスリード [運動器エコーセミナー]

アスリードサイト
US-Lead セミナー&スクールのお申し込みはスマートフォンからも可能です。
臨床検査技師JOB 臨床工学技士JOB シティフェイス メディレイ アロマスクール花ごころ  
セミナー企画開催サポート
セミナー・講習会・研究会などの企画開催をお手伝い致します。
 
トップページ >  セミナー情報一覧 >  運動器エコーセミナー(東京)

セミナー情報

ステップアップエコーセミナー

運動器エコーセミナー

〜エコーで読み解く運動器:疾患検診から日常診療まで〜

日時

2017年11月26日()9:50〜16:30

講師

山本 宣幸 先生(東北大学病院 整形外科 講師)
日本超音波医学会東北地方会運営委員
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)評議員
東日本整形災害外科学会評議員
日本肩関節学会学術委員

石崎 一穂 先生(三井記念病院 検査部 技師長補佐)
日本超音波検査学会 専門部会(運動器領域)委員長

会場

全国家電会館
(文京区湯島3丁目6番1号)
●JR山手線/京浜東北線 御徒町駅 徒歩約10分
●JR総武線/中央線 御茶ノ水駅 徒歩約10分
●東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩約10分
●東京メトロ千代田線 湯島駅 5番出口 徒歩約5分
●東京メトロ銀座線 末広町駅 徒歩約5分
⇒ アクセスMap(全国家電会館 WEBサイト)

参加費

¥21,600 (テキスト代・消費税含む)
※1名あたりの料金です。

【WEBお申込み割】 ¥19,500
本サイトよりお申込みの場合

【WEB早割】 ¥18,500
2017年10月26日までに本サイトよりお申込みの場合
※WEBサイト以外からのお申し込みは適用になりません。

【Step-Up応援割】 ¥10,000
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方
詳細はこちら

2017年11月25日(土)ハンズオンスクール開催
ハンズオンとレクチャーの両者に参加いただくことで、知識と技術をトータルにレベルアップを図っていただくことが可能です。
整形外科エコー集中スクール
ハンズオン
¥43,000
本セミナー
¥10,000
2講座合計
¥53,000


※各種割引の適用は払込票または銀行振込にてお支払い頂いた場合に限ります。
 お支払い方法につきましてはご利用ガイドをご覧ください。

大阪府
医師会
会員の方

大阪府医師会員の方は ¥18,500  のご優待価格となります。

お申込み時、備考欄に 「大阪府医師会員」 とお書きください。
※ご記入がない場合、割引にならない場合がございますのでご注意ください。

お問合せ先

アスリード株式会社
E-MAIL:info@us-lead.com TEL:042-711-6872 FAX:042-723-9757

セミナー内容のご案内

 そこのあなた。簡便で情報量豊富なエコー検査を日常診療に役立てていますか?
 他の画像診断と同様に日常診療の中でエコー検査が利用されるようになった昨今、既に日常診療に役立てている先生も多いことでしょう。しかし皆さんはエコーの有用性を100%引き出して臨床に活かしていますか。超音波診断装置の質の向上は、画質の向上だけにとどまらず、微細な血管や組織の硬さの評価など、今まで見えなかった病態評価の可能性も秘めています。
 今回も、基本的な検査手技だけでなく画像の判断から治療まで症例を通して解説いたします。
 明日からの「診療」に役立つプログラムになっております。
 当日は、是非日常診療で困っている問題もご質問ください、医師と技師の立場から可能な限りお答えいたします。
 本セミナーで明日の診療に活かす知識と技術を磨きましょう。

セミナープランナー 山本 宣幸  

プログラム

■総論 知ってほしいエコーの事
エコー検査のちょっとしたコツや観察してほしい運動器について解説いたします。

■スポーツ障害の検査
スポーツによる「外傷」や「障害」のエコー検査方法についてデモンストレーションを交えて解説します。臨床だけではなくフィールドでの工夫についても解説いたします。更に、エコー評価に関して症例を提示して解説いたします。

■筋・腱の損傷を観る
筋肉や腱の検査方法の注意点やコツについてデモンストレーションを交えて解説するとともに、損傷のエコー評価に関して症例を提示して解説いたします。

■肩関節
肩の痛みの原因検索のための、スクリーニング方法について、デモンストレーションを交えて解説するとともに,エコー評価に関して症例を提示して解説いたします。

■エコーガイド下のインターベンション
日常臨床で役立つ、エコーガイド下の治療方法に関して、その有用性とコツに関して解説いたします。

■Q&A

 


→ セミナー一覧ページへ戻る