心エコー・腹部エコー・頸動脈エコー・乳腺エコー・超音波検査セミナーのアスリード

アスリードサイト
US-Lead セミナー&スクールのお申し込みはスマートフォンからも可能です。
臨床検査技師JOB (臨床検査技師の転職サイト) 内科医アルバイトJOB(内科医のアルバイトサイト) シティフェイス メディレイ アロマスクール花ごころ  
セミナー企画開催サポート
セミナー・講習会・研究会などの企画開催をお手伝い致します。
 
トップページ >  セミナー情報一覧 >  ベーシックコース これから始めるバスキュラーアクセスエコー(名古屋)

セミナー情報

ステップアップエコーセミナー

これから始めるバスキュラーアクセスエコー

名古屋開催

日時

2017年9月17日()9:50〜16:30

講師

春口 洋昭 先生【飯田橋春口クリニック 院長】
Vascular Access 超音波研究会 代表世話人
アクセス研究会 幹事
バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 幹事

小林 大樹 先生【関西ろうさい病院 中央検査部】
Vascular Access 超音波研究会 世話人
日本超音波医学会認定超音波検査士

三輪 尚史 先生【名古屋共立病院 バスキュラーアクセス治療センター 画像課】

会場

オフィスパーク名駅 4階 プレミアホール
(名古屋市中村区名駅4-5-27 大一名駅ビル4階)
各線 名古屋駅 徒歩3分 ユニモール(地下街)7番出口目の前 ※1FがJTBのビルです
⇒ アクセスMap(オフィスパーク WEBサイト)

参加費

¥21,600 (テキスト代・消費税含む)
※1名あたりの料金です。

【WEBお申込み割】 ¥19,500
本サイトよりお申込みの場合

【WEB早割】 ¥18,500
2017年8月17日までに本サイトよりお申込みの場合
※WEBサイト以外からのお申し込みは適用になりません。

【Step-Up応援割】 ¥10,000
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方
詳細はこちら

大阪府
医師会
会員の方

大阪府医師会員の方は ¥18,500  のご優待価格となります。

お申込み時、備考欄に 「大阪府医師会員」 とお書きください。
※ご記入がない場合、割引にならない場合がございますのでご注意ください。

お問合せ先

アスリード株式会社
E-MAIL:info@us-lead.com TEL:042-711-6872 FAX:042-723-9757

セミナー内容のご案内

バスキュラーアクセスのトラブルを的確に診断し早期発見することは、透析患者のQOLを維持するうえで大変重要です。本セミナーでは初級者を対象として、バスキュラーアクセスの理学所見のとり方から画像診断、治療までの基本事項を分かりやすくレビューします。バスキュラーアクセスの超音波検査を行うにあたって必要とされる機能的および形態的評価法の基礎的な講義に加え、ライブ形式で解説する内容となっています。各専門の講師が、分かりやすい内容で丁寧にレクチャーいたします。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

プログラム

■透析療法とバスキュラーアクセス
透析療法についての概論と、それに関わるバスキュラーアクセスについて解説します。

■バスキュラーアクセスエコーに必要な血管解剖と理学所見
正確で手早くエコーを行うために最低限必要な、上肢の血管解剖と理学所見の取り方について解説します。

■上肢血管の描出法(ライブデモ)
プローブの動きを確認する手元カメラと実機を使用したエコー画像の2面投影によるライブスキャンを行います。どこにプローブを当てると、目的の血管が描出できるかを分かりやすく解説します。

■バスキュラーアクセスにおける機能評価について
自己血管内シャントや人工血管内シャントにおける上腕動脈での計測法やその利点を中心にわかりやすく解説します。

■バスキュラーアクセスにおける形態評価について
動脈や静脈の検査手順(動脈の短軸法からスキャンを開始し、狭窄病変を見つけ次第、長軸法やドプラ法で確認する方法)について詳しく解説します。

■自己血管内シャント(AVF)と人工血管内シャント(AVG)の評価法(ライブデモ)
シャントを有する患者様にご協力いただき、血流量の測定手順や狭窄、閉塞病変の描出の仕方を中心にライブ形式で解説します。

■治療に活かすシャントエコー
シャントエコーの診断に基づいて、どのような治療戦略を立てるかについて解説します。

■医師・臨床検査技師・診療放射線技師への質
事前・本日の質問。受講者からの質問!普段の診療で悩まれていることや本日のセミナーにて疑問に思ったことなどを専門の先生方に質問していただきます。日常業務でのあなたの疑問や悩み、お気軽にお話ください! 例えば「こんな症例はどうしたらいいの?」、「患者さんへの説明法」等々、何でもお答えします。

 


→ セミナー一覧ページへ戻る