心エコー・腹部エコー・頸動脈エコー・乳腺エコー・超音波検査セミナーのアスリード

アスリードサイト
US-Lead セミナー&スクールのお申し込みはスマートフォンからも可能です。
臨床検査技師JOB 臨床工学技士JOB シティフェイス メディレイ アロマスクール花ごころ  
セミナー企画開催サポート
セミナー・講習会・研究会などの企画開催をお手伝い致します。
 
トップページ >  セミナー情報一覧 > 乳房超音波検査を学ぼう!ベーシック編【2017年度】

セミナー情報

ステップアップエコーセミナー

乳房超音波検査を学ぼう!ベーシック編【2017年度】

〜乳房超音波の基礎をかためて、日々の検診・臨床に活かしましょう〜

日時

2017年8月20日()9:50〜16:30

講師

角田 博子 先生
(聖路加国際病院 放射線科 乳房画像診断室 室長)
 日本乳腺甲状腺超音波医学会 監事
 日本乳癌学会 専門医・評議員
 日本乳癌検診学会 評議員
 日本超音波医学会 専門医・指導医
 日本乳癌画像研究会 代表世話人
堀井 理絵 先生
(がん研究会有明病院 病理部 医長)
 日本乳腺甲状腺超音波医学会 幹事
 日本乳癌学会 評議員
 日本病理学会 専門医・指導医・評議員
 日本臨床細胞学会 専門医
伊藤 吾子 先生
(日立総合病院 乳腺甲状腺外科 主任医長)
 日本乳癌学会 専門医・指導医
 日本乳癌検診学会 評議員
 日本超音波医学会 専門医・指導医
 日本外科学会 専門医

会場

JA共済ビル カンファレンスホール
(東京都千代田区平河町2-7-9 TEL:03-3265-8716)
●東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口 徒歩2分
⇒ アクセスMap(JA共済ビル WEBサイト)

参加費

¥22,680 (テキスト代・昼食代・消費税含む)
※1名あたりの料金です。

【WEBお申込み割】 ¥21,500
本サイトよりお申込みの場合

【WEB早割】 ¥19,500
2017年7月20日までに本サイトよりお申込みの場合
※WEBサイト以外からのお申し込みは適用になりません。

【前回参加割】 ¥18,500
乳房超音波検査を学ぼう!2016
ベーシック編(東京)、アドバンス編(東京・大阪)へご参加された方
※お申し込みの際、備考欄に「前回参加」とお書きください。

【Step-Up応援割】 ¥10,000
本セミナー開催日より1年前までにハンズオンスクールにご参加された方
詳細はこちら

本セミナーへお申込み頂いた方は、2018年1月21日(大阪)・3月18日(東京)開催の 乳房超音波検査を学ぼう!アドバンス編【2017年度】¥18,500 にてご優待いたします。

大阪府
医師会
会員の方

大阪府医師会員の方は ¥19,500  のご優待価格となります。

お申込み時、備考欄に 「大阪府医師会員」 とお書きください。
※ご記入がない場合、割引にならない場合がございますのでご注意ください。

お問合せ先

アスリード株式会社
E-MAIL:info@us-lead.com TEL:042-711-6872 FAX:042-723-9757

セミナー内容のご案内

検診や日常臨床において、超音波検査は非常に重要な位置にあることは言うまでもありません。その基礎をしっかりと整理して診療に活かすことが重要です。近年はBモードに加えてフローイメージングやエラストグラフィも広く普及してきました。1台の装置でいろいろな手法が可能である一方で、正しい検査方法を行わないと、かえって誤った方向に進んでしまうこともあります。検査方法、種々の疾患とその超音波画像を理解し、超音波検査という優れた手法を最大限利用していきましょう。

セミナープランナー 角田 博子 

プログラム

@ 乳房の正常解剖と超音波画像
超音波検査を行うために知っておくべき正常解剖を理解し、超音波画像と合わせてみましょう。また正常のバリエーションなども学びましょう。

A Bモードの検査方法と表示方法
正しい検査方法についてまとめてみましょう。探触子やモニタのチェック、画質調整など、日々行っていますか?

B Bモードにおける診断の基本
Bモード上の用語や定義をまとめてみましょう。そして良悪性の診断の基本も整理してみましょう。

C フローイメージングとエラストグラフィ
最近の超音波の装置にはフローイメージングとエラストグラフィが搭載されています。日常臨床において、この2つの機能を正しく利用することは非常に重要です。操作方法の工夫や診断の基本について説明いたします。

D 良性疾患の画像と病理
主となる乳腺疾患の画像と病理について、まとめてみましょう。

E 悪性疾患の画像と病理  
乳癌の超音波画像と病理について学びましょう。組織型とともに近年では画像からサブタイプを考えることも重要になってきました。その典型像についても学びましょう。

F 超音波検診の要精査基準
任意型検診では超音波検査がかなり普及しています。何を拾って何を精検不要とするのかを考えながらまとめていきましょう。

G 動画トレーニング
動画を見ながら、超音波所見についてみてきましょう。

H 症例から学ぶ
画像をみていただいて、スケッチをしてみましょう。スケッチは自分がどう理解しているかを確認するよい作業です。あとからMGやMRIでどう見えたか、その病理はどうだったか、解説いたします。

 


アドバンス編については下記日程で開催予定です。
ベーシック編にご参加いただいた方は、ご優待価格にてご案内いたします。詳しくは詳細ページへ。



→ セミナー一覧ページへ戻る